あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識

あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識

このサイトは今話題の肥満外来についてまとめたサイトです。

通った方が良いのはこんな人!いますぐできるチェックリスト

↓

click

おすすめ肥満外来をピックアップ

HOME » もっと知りたい!肥満外来のQ&A » どんなことをするの?

どんなことをするの?

肥満外来での治療方法は、大きく分けて二つあります。

肥満外来クリニックでのダイエット治療法

  1. 生活習慣の改善を目指した、カウンセリング中心のもの
  2. 投薬治療や脂肪吸引、脂肪溶解注射など薬物や医療行為を伴うもの

これらの方法は、その人の状態や体質などによって、医師の判断で行うことになります。また、病院によって治療方法は異なります。

一般的には、血液検査や現在治療中または経過観察中の病気などをチェックし、現状を把握することから始まります。

食事内容を聞き、生活習慣などもチェックの上、無理のない、効果的なダイエット方法を提案してくれます。

定期的に体調・体重の変化を確認しながら、必要があればプログラムを見直し確実な方法で目標のカラダ作りが進められていきます。

カウンセリング中心の肥満治療

カウンセリングを中心とした肥満治療には、食事療法、運動療法、行動修正療法があります。

■食事療法の基本は、質とバランス

食べる量を考慮しながら、食べる質を整えていきます。

栄養士が中心となり、その人の食習慣や性格、カラダの状態などをトータルに考え、無理のないように、バランスの整った食事提案をしてくれます。

■運動療法

エネルギーを消費するために、有酸素運動が行われます。

酸素を使用することで、脂肪や糖分が分解される運動で、ウオーキングや水泳など、一定の時間・一定の強度で続ける運動です。

こうした運動時間が、日々の生活習慣のなかに組み込まれていきます。

■行動修正療法は、生活習慣を見直していく

日々の行動を記録し、自分の生活習慣・行動を把握することから始まります。その上で、目標を立て、その目標に向けて、これまでの生活習慣を改善していきます。

目の前の小さな目標を一つひとつクリアしていくことで、次第に効果は現れてきます。

薬物や医療行為を伴う肥満治療

薬物を伴う肥満治療は、食欲抑制剤や漢方薬などを使用した薬物療法です。また、脂肪吸引や脂肪溶解注射などを行う場合もあります。

■薬物療法で使用する薬

食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤などです。

ダイエット薬として保険適用されているものもあれば、日本では未認可のものもあります。

いずれも副作用を伴う可能性もあり、医師の指示が必要です。

また、自然の生薬である漢方薬が使われる場合もあります。

■脂肪吸引

直接脂肪を取り除くので、短期間での効果が期待できます。

但し、カラダへの負担は大きく、吸引後の腫れが回復するまで時間がかかることもあります。

医師の技術が大きく影響するので、治療受ける場合はクリニック選びを慎重に行いましょう。

■脂肪溶解注射

メソセラピーとも呼ばれ、注射器で薬剤を体内に注入する方法です。

注入した薬剤が脂肪を溶かし、体外へ排泄する効果がありますが、1回で除去できる脂肪量は少なく、何度か繰り返して、やっと効果が実感できるものです。

 
あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識