あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識

あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識

このサイトは今話題の肥満外来についてまとめたサイトです。

通った方が良いのはこんな人!いますぐできるチェックリスト

↓

click

おすすめ肥満外来をピックアップ

HOME » こんな自己流ダイエットはNG!肥満解消の基礎知識 » 便秘薬の誤用やサプリメントで減量がうまくいかない3つの理由

便秘薬の誤用やサプリメントで減量がうまくいかない3つの理由

便秘薬ダイエットは脱水症状や内臓機能低下の原因になる

便秘薬ダイエットとは、食事で食べたものを便秘薬(下剤)で無理やり体内から排除するというものです。これはとても危険な行為で、脱水症状や内臓機能の低下を起こす原因にもなります。便秘薬により食べたものをすべて排便して栄養素を体から出すと、大量の水分も一緒に排出されてしまい、その結果、脱水症状になります。脱水状態が長く続くと、内蔵に必要な水分もなくなり、内

蔵機能が低下して大きな病気の原因になる可能性が高くなります。

便秘薬はあくまで便秘を改善するためのものなので、ダイエット目的に使用するのはやめましょう。ヨーグルトなどの乳酸菌を含んだ製品を摂取して、腸内環境を整えることがおすすめですね。

海外のダイエットサプリメントは薬事法に反した有害な成分が含まれていることも

近年、様々なダイエット効果が表記されているサプリメントがインターネットで販売されていますね。ここで注意しなければいけないことは、海外のサプリメントは危険なものが多いということです。

厚生労働省も海外のサプリメントの個人輸入に対して、注意喚起を促しています。薬事法で、医薬品に該当するような広告や効能宣伝をしている健康食品全般の販売を禁止しています。

インターネット上で販売されている海外のダイエットサプリメントは、ダイエットに関係のない有害な成分を含んでいる場合が多いのです。特に痩せ薬として販売している製品は医師の診断が必要です。

また、「健康食品」という言葉を使用した海外サプリメントには注意が必要です。健康食品には医薬品も含まれているので、医薬品と効果のないサプリメントを「健康食品」という大きなジャンルでくくって販売していることがあります。

健康食品の個人輸入に関する情報は下記の厚生労働省サイトを参考にしてみてください。

参照元:厚生労働省 医薬品等の個人輸入について

サプリメントを使用してダイエットするときは肥満外来の医師によく相談すること

ダイエットサプリメントで思うような減量結果を得られない方も多くなっています。「自分だけうまく減量できない……」と感じる方もいるようですね。

ダイエットサプリメントには様々な種類があり、自身の体質に合わないサプリを使用し続けても結果は出ません。

特に、海外のダイエットサプリメントは日本人向けの成分に調合されていません。サプリメントダイエットを考えている方は、肥満外来の医師に相談して、慎重に自分の体質に適したサプリメントを選ぶ必要があります。

便秘薬でダイエットをすることは「栄養失調」や「脱水症状」の引き金になりかねません。また、ダイエットサプリメントも体質に適した製品を見極める必要があります。海外の安価なダイエットサプリメントを使用することで、重大な疾患につながりかねません。本来、サプリメントは栄養補助食品なので「不足している栄養素の補助」が目的で作られています。ダイエットサプリで健康的にダイエットをするのであれば、肥満外来の医師に相談することをおすすめします。

 
 
あなたは通うべき?肥満外来の基礎知識